易学教室

卜術

東洋占術としては周易・断易。そして西洋占術としてはタロットカードやルーンがあります。

この予測(占い)術は、先ずクライアントと占者との一体感が一番大事で心をひとつにしてこそ、問題の解決がはかれる方法で今行動すべきか?ひかえるべきか?がわかります。従って周易の場合まず占いをする前に問題を事前にたんねいに聞き、焦点を絞っていくことから始めます。

卜術は、占いをするたびに答えが違ってきますので、問題をその都度聞き、答えを出していきますが、私の行っている周易は、4000年の重みを感じるはずです。行動すべきかすべきではないのか等には大変適した占術だと思います。

PAGE TOP